病院の選び方 うつ病治療生活の為のお得な知識・手続き百科


■PR■
うつ病で障害年金を受給する方法
うつ病で障害年金はもらえないと思ってませんか?
うつ病でも、制度上定められた障害の程度に該当すれば、障害年金を受給することができます。ただし、障害の程度が分かりにくいため、提出書類により、結果が大きく違います。
このマニュアルは、社会保険労士が書いた、うつ病に特化した、障害年金を受給を解説したマニュアルです。個別相談、書類添削等のアドバイス付きなので、安心です!
三嶋 道明 定価 15,800円

=>>>購入はこちらから


■【荒木式】うつ病改善プログラム〜薬も心理療法もやめられた画期的な治療法〜

「薬や心理療法では、なかなか良くならない」「このまま治らなかったらどうしよう」と一人で苦しんでいませんか?
大阪で、断糖療法によりうつ病等の神経疾患の治療を行っている現役医師が、クリニックで行っているうつ病改善プログラムをDVDで、徹底解説します。なかなかうつ病が改善しなくて、長引いている方におすすめです。

荒木 宏 定価 14,700円

=>>>購入はこちらから



心療内科、精神科の探し方

うつ病かなと思ったら、早めに心療内科・精神科を受診し、早めの
対応をとることが最善の策です。

本来は近所の評判のいいお医者さんを、実際に通っている方に
聞くのが一番ですが、こういった病気の場合、通っていること自体を
知られたくないということがあり、難しいことが多いと思います。

@職場等にメンタルヘルスのカウンセラーがいれば、紹介してもらう。
A市役所等の福祉課には、市内の病院のリストがありますので、そこで
 近くの病院を探す。

Bインターネットで探す。

このページの左上の検索ボックスに探したい地域と心療内科又は精神科と入れて検索して見て下さい。
例えば「横浜 心療内科」という感じです。
そうすると横浜の心療内科の検索ができます。
その中で、とりあえず近くの病院に連絡を取ってみるという方法です。


いずれにせよ、医師の方針、患者と医師の相性の問題があるので、実際合うかどうかは
通ってみて決めるしかありません。
合わないと思ったら、別の病院に変わることは、何の問題もありません。



人気ブログランキングへ

うつ病治療の為の病院の選び方A

受診する病院を決めたら予約を入れます。

昨今の精神的な病の急増で、病院が混んでいることもありのですが、
通常初診予約の連絡から、実際の受診まで2週間〜3週間程度かかります。(土曜日受診の場合。平日の場合は、もう少し早い場合が多くなります)
うつ病が疑われる時は、早めに予約を入れましょう。
治療が早ければ早いほど効果がでやすくなります。

精神的な病気ですので、最初の診察は、30分から45分程度と
時間をかけて行います。

いつから、どんな症状がでているかなどを詳しく聞かれますので、
「あなたは、本当にうつか?」を参考に事前に整理しておきましょう。
また、これまでの経歴、性格等一見関係ないことも聞かれますが、発病
のきっかけや、うつ病を発症しやすい性格かどうか判断する材料になり
ますので、正直に答えて下さい。

うつ病治療の為の病院の選び方@

うつ病かもしれないと思ったら、早めに心療内科・精神科の受診をしましょう。

■総合病院と個人クリニック
 個人的経験では、総合病院は、全般的に事務的な印象があります。
 設備は充実しています。親身な対応を求める方は、個人の
 クリニックの方がむいているでしょう。

■病院の探し方
 評判を聞くのが一番ですが、病気が病気なだけに、知り合いに評判を聞くのも ためらわれます。主治医、会社の医務室などで紹介を受けるのがベストですが、そうでない方はインターネットなどで検索して、探しましょう。 
 私は、インターネットで、通いやすい場所で検索して、受診しました。
 
■治療するクリニックの選び方
 個人クリニックは、当たり外れが非常に大きいです。
 クリニックの運営方法、医者のパーソナリティ、相性が大きな
影響があります。自分に合わないと思ったら、別のクリニックに変える事も考えましょう。クリニックを変えることに遠慮する必要はありません。医者との信頼関係が今後の治療効果に大きな影響がでます。

 私の主治医にも勧められたことです。少し不安があれば、セカンドオピニオンとして、別のクリニックにも相談してみて、しっくりするクリニックに通いましょう。
タグ:病院 うつ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。