うつ病の見分け方 うつ病治療生活の為のお得な知識・手続き百科


■PR■
うつ病で障害年金を受給する方法
うつ病で障害年金はもらえないと思ってませんか?
うつ病でも、制度上定められた障害の程度に該当すれば、障害年金を受給することができます。ただし、障害の程度が分かりにくいため、提出書類により、結果が大きく違います。
このマニュアルは、社会保険労士が書いた、うつ病に特化した、障害年金を受給を解説したマニュアルです。個別相談、書類添削等のアドバイス付きなので、安心です!
三嶋 道明 定価 15,800円

=>>>購入はこちらから


■【荒木式】うつ病改善プログラム〜薬も心理療法もやめられた画期的な治療法〜

「薬や心理療法では、なかなか良くならない」「このまま治らなかったらどうしよう」と一人で苦しんでいませんか?
大阪で、断糖療法によりうつ病等の神経疾患の治療を行っている現役医師が、クリニックで行っているうつ病改善プログラムをDVDで、徹底解説します。なかなかうつ病が改善しなくて、長引いている方におすすめです。

荒木 宏 定価 14,700円

=>>>購入はこちらから


うつ病の見分け方 の記事一覧


あなたは、本当にうつか?

以下の症状があてはまると、うつ病の可能性があります。
チェックしてみて下さい。

A. 以下の症状のうち 5 つ (またはそれ以上) が同じ 2 週間の間に
 存在し、 病前の機能からの変化を起こしている。これらの症状のう ち少なくとも1 つは、A1 憂うつ または A2 興味または喜びの喪失
 である


A1 ほぼ毎日、ほとんど1日中憂うつ。

A2 ほぼ毎日 すべて、またはほとんどすべての活動における興味、
  喜びの減退。

A3 食事療法をしていないのに、著しい体重減少、あるいは体重増加。
  またはほとんど毎日の食欲の減退または増加。

A4 ほとんど毎日の不眠または睡眠過多
・寝付けない
・夜中に起きる
・早朝に目が覚めてしまう
・寝過ぎ

A5 ほとんど毎日、動作や会話の速度が遅い。
  または気分が焦っている(乱暴な動きや早口など)。

A6 ほとんど毎日、疲れやすい。または気力がわかない。

A7 ほとんど毎日の無価値感。価値あるものなんて何もないと思う。
  または罪悪感がある。

A8 ほとんど毎日、思考力や集中力が鈍いと思う。
  または、何かを決めることがなかなか出来ない。

A9 死について繰り返し考える。または自殺したいと思う。
  (具体的な計画があるかどうかは問わない)

B 気分爽快だったりよく活動できたりした経験がない。
 (※もし気分爽快な期間があったら、単純なうつ病ではなく
 「躁うつ病」という別の病気の可能性がある)

C 上記の A. の症状のせいでとても苦しい思いをしているか、
 仕事や家事をするのに困るほどつらい

D 上記の A. の症状は、薬の副作用や薬物濫用ではなく、体の病気に
 よる症状でもない

E 上記の A. の症状が愛するものを失った後も2ヶ月続いている。


                 DSM-IVの診断基準から
タグ:うつ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。