障害等級の変更の取扱変更(平成26年4月改正) うつ病治療生活の為のお得な知識・手続き百科


■PR■
うつ病で障害年金を受給する方法
うつ病で障害年金はもらえないと思ってませんか?
うつ病でも、制度上定められた障害の程度に該当すれば、障害年金を受給することができます。ただし、障害の程度が分かりにくいため、提出書類により、結果が大きく違います。
このマニュアルは、社会保険労士が書いた、うつ病に特化した、障害年金を受給を解説したマニュアルです。個別相談、書類添削等のアドバイス付きなので、安心です!
三嶋 道明 定価 15,800円

=>>>購入はこちらから


■【荒木式】うつ病改善プログラム〜薬も心理療法もやめられた画期的な治療法〜

「薬や心理療法では、なかなか良くならない」「このまま治らなかったらどうしよう」と一人で苦しんでいませんか?
大阪で、断糖療法によりうつ病等の神経疾患の治療を行っている現役医師が、クリニックで行っているうつ病改善プログラムをDVDで、徹底解説します。なかなかうつ病が改善しなくて、長引いている方におすすめです。

荒木 宏 定価 14,700円

=>>>購入はこちらから



障害等級の変更の取扱変更(平成26年4月改正)

障害の程度の悪化等で、障害等級3級から2級などの申請は、

従来は、前回の診断書提出より、1年経過後という規則になっていました。

平成26年4月より、障害の程度が明確に増進したと考えられる場合、

1年を待たずに改定請求がおこなわれるように変更されました。

手続き等は従来と同様です。

詳細は、以前の記事をご覧ください。

以前の記事はこちら
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/399074475
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。