特別支給の老齢厚生年金(65歳前の老齢年金)の障害者特例 うつ病治療生活の為のお得な知識・手続き百科


■PR■
うつ病で障害年金を受給する方法
うつ病で障害年金はもらえないと思ってませんか?
うつ病でも、制度上定められた障害の程度に該当すれば、障害年金を受給することができます。ただし、障害の程度が分かりにくいため、提出書類により、結果が大きく違います。
このマニュアルは、社会保険労士が書いた、うつ病に特化した、障害年金を受給を解説したマニュアルです。個別相談、書類添削等のアドバイス付きなので、安心です!
三嶋 道明 定価 15,800円

=>>>購入はこちらから


■【荒木式】うつ病改善プログラム〜薬も心理療法もやめられた画期的な治療法〜

「薬や心理療法では、なかなか良くならない」「このまま治らなかったらどうしよう」と一人で苦しんでいませんか?
大阪で、断糖療法によりうつ病等の神経疾患の治療を行っている現役医師が、クリニックで行っているうつ病改善プログラムをDVDで、徹底解説します。なかなかうつ病が改善しなくて、長引いている方におすすめです。

荒木 宏 定価 14,700円

=>>>購入はこちらから



特別支給の老齢厚生年金(65歳前の老齢年金)の障害者特例


現在は、老齢年金は、65歳から支給と定められています。

しかし、老齢厚生年金の支給は、改正前は60歳からとなっていましたので、
その経過措置として、男性の場合、36年4月1日生まれ以前(女性は41年4月1日生まれ以前)
の方には、生年月日を基準に、段階的に支給年齢が繰り上げられるものの、
65歳より前に特別な老齢厚生年金年金が支給されることになっています。

これを特別支給の老齢厚生年金といいます。

特別支給の老齢厚生年金は、定額部分(基礎年金相当)と報酬比例部分からなり、
生年月日により、まず徐々に定額部分の支給開始年齢が遅くなり、次に報酬比例部分の
支給開始年齢が遅くなり、36年4月1日生まれ以降(女性は41年4月1日生まれ以降)
の方には、受給資格がありません。

・特別支給の老齢厚生年金の概略

1. 男性 昭和16年4月1日以前の生まれ
(女性は昭和21年4月1日以前の生まれ)

60才から報酬比例部分と定額部分の両方が支給されます。


2. 男性 昭和16年4月2日〜24年4月1日生まれ
 (女性は昭和21年4月2日〜26年4月1日生まれ)

報酬比例部分は60才から支給されますが、定額部分は60才から段階的に引き上げられ、
年令が若くなるほど支給開始が遅くなります。

3. 男性 昭和24年4月2日〜28年4月1日生まれ
  (女性は、昭和29年4月2日〜33年4月1日生まれ)

60才から報酬比例部分のみの支給す。

4. 男性 昭和28年4月2日〜36年4月1日生まれ
  (女性は、昭和33年4月2日〜41年4月1日生まれ)
報酬比例部分のみの支給で、年令が若くなるにしたがって、支給開始が遅くなります。

詳細は、日本年金機構のホームページ参照
http://www.nenkin.go.jp/n/www/pamphlet/index.jsp

この特別支給の老齢厚生年金には、障害者特例があり、以下の条件を満たす場合、報酬比例部分に加えて、定額部分も支給されます。


・障害者特例の老齢厚生年金の受給要件

1.昭和36年4月1日以前生まれの男性、又は昭和41年4月1日以前生まれの女性
2.過去に12ヶ月以上厚生年金に加入
3.現在は厚生年金に加入していない
4.年金保険料の納付月数と免除月数の合算月数が300ヶ月(25年)以上有り
5.障害等級3級以上に該当

障害年金の受給権者である必要はなく、上記基準を満たせば、障害者特例の老齢厚生年金を
請求することができます。また裁定請求が必要です。

ただし障害者特例の老齢厚生年金は、特別支給の老齢厚生年金の受給権のがある期間に
ついてのみ請求可能となります。


具体的には、生年月日により、下記の年齢に達して以降に裁定請求が可能となります。
昭和16(21)年4月2日〜昭和28(33)年4月1日生まれの人 ⇒ 60歳から
昭和28(33)年4月2日〜昭和30(35)年4月1日生まれの人 ⇒ 61歳から
昭和30(35)年4月2日〜昭和32(37)年4月1日生まれの人 ⇒ 62歳から
昭和32(37)年4月2日〜昭和34(39)年4月1日生まれの人 ⇒ 63歳から
昭和34(39)年4月2日〜昭和36(41)年4月1日生まれの人 ⇒ 64歳から
カッコ内は女性

これは、特別支給の老齢厚生年金が、この生年月日を区切りに、支給開始年齢が、、
繰り上げられていることによる制限となります。

詳細は、日本年金機構のホームページ参照
http://www.nenkin.go.jp/n/www/pamphlet/index.jsp

なお、障害者特例の老齢厚生年金の受給権があり、かつ、その時点で障害年金を受給している
場合は、任意でどちらか好きな方を選択できます。
タグ:老齢年金
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。