特別障害者手当(国制度) うつ病治療生活の為のお得な知識・手続き百科


■PR■
うつ病で障害年金を受給する方法
うつ病で障害年金はもらえないと思ってませんか?
うつ病でも、制度上定められた障害の程度に該当すれば、障害年金を受給することができます。ただし、障害の程度が分かりにくいため、提出書類により、結果が大きく違います。
このマニュアルは、社会保険労士が書いた、うつ病に特化した、障害年金を受給を解説したマニュアルです。個別相談、書類添削等のアドバイス付きなので、安心です!
三嶋 道明 定価 15,800円

=>>>購入はこちらから


■【荒木式】うつ病改善プログラム〜薬も心理療法もやめられた画期的な治療法〜

「薬や心理療法では、なかなか良くならない」「このまま治らなかったらどうしよう」と一人で苦しんでいませんか?
大阪で、断糖療法によりうつ病等の神経疾患の治療を行っている現役医師が、クリニックで行っているうつ病改善プログラムをDVDで、徹底解説します。なかなかうつ病が改善しなくて、長引いている方におすすめです。

荒木 宏 定価 14,700円

=>>>購入はこちらから



特別障害者手当(国制度)

国の制度としては、おおむね身体障害者手帳1級・2級、療育手帳〜Aの2程度で、

かつそれらが重複している方または、これらと同程度の疾患、精神障害者で

日常生活に常時特別の介護を必要とする20歳以上の方精神障害者の方で日常生活に

常時特別の介護を必要とする20歳以上の場合、特別障害者手当が支給されます。

詳細は以下のようですが、うつ病の場合、下記要件を満たすことはほとんどありませんが、

統合失調症等で重度の場合条件を満たす場合もあります。

なお特別障害手当には、所得による制限があります。


【対象者】

常時特別の介護が必要であると認められる20歳以上の在宅の方

(目安)

・身体障害者手帳1・2級程度の異なる障がいが重複している方

・身体障害者手帳1・2級程度の障がい及び重度知的障がい(療育手帳A1相当)が重複している方

・精神障がい、血液疾患、肝臓疾患、その他疾患により、以下のことがほとんど1人ではできず、

日常生活に支障をきたしている方

・食事
・用便(月経)の始末
・衣服の脱着
・簡単な買い物
・家族との会話
・家族以外との会話
・戸外での危険から身を守る(交通事故)
・刃物、火の危険の認知

【支給額】

 月26,340円

なお特別障害者手当の受給要件として、障害者手帳の有無を問われません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。